当社について

タカシマヤとトランスコスモス、両社の強みを融合し、お客様の海外展開に貢献する事業体、それがTAKATRANSです


近年、政府の強力な後押しの下、海外からの観光客が大幅に増加し、2018年にはアジアを中心に訪日外国人観光客数が、10年前の約4.6倍である3119万人に達しました。

インバウンドでの売上も増加の一途をたどり、国内需要が縮小する中、既に各社において重要な取り組みの一つとなっています。

同時に、観光客個人による情報発信、とりわけソーシャルメディア(SNS)による発信が起点となり、認知が広まり、需要が喚起されることで、日本製品・ブランドの海外での人気はかつてない盛り上がりと多様性をみせています。

そうした需要の高まりに先行し、日本製品・ブランドの海外展開、各国への供給に貢献することを目的として、2015年、アジアのビジネスの中心地であるシンガポールに弊社を設立いたしました。

タカシマヤグループの180年を越える事業活動を通じて培った日本のメーカー様・ブランドホルダー様からの信頼、アジア地域での百貨店・ショッピングセンター店舗展開、トランスコスモスグループのグローバルEC販売、デジタルマーケティング、コンタクトセンターのノウハウとリソースを結集し、また弊社独自のネットワーク・機能を築き、オンラインとオフライン、リアルとデジタルを融合した他に類のないユニークな事業展開を行うことで、設立以降、日本企業の皆様、現地リテール企業の皆様、そして現地消費者様へのお役立ちを行っております。

これまで、衣料・雑貨から、飲食料品、電化製品に至るまで、幅広い商品を、単に商品を供給するのではなく、各国でのブランドの発信や、それぞれの市場の嗜好を分析した独自製品の企画をご支援するなど、海外展開におけるワンストップでの価値提供を行っており、更に時代の発展にあわせた進化を続けていきます。

日本の商品・ブランドと各国の消費者を結ぶ、『マッチング・プラットフォーム・ハブ』としての価値を今後もお客様と共に追及して参ります。